東京の家族事情が生んだお葬式需要は

東京で暮らす人たちの多くは、親と離れて子世帯として新たな住まいを手に入れ、同居というスタイルを敬遠して家庭を築き上げてきた人たちではないでしょうか。生活スタイルも違うため、親との同居はむずかしい面があるのも事実で、特に忙しい暮らしになりがちな東京では仕方のないことかもしれません。そのため、もし親のお葬式を出すということになっても、家が別々であることから、親の住んでいた家から出すことが物理的に無理ということになります。そんな親族のお葬式をスムーズに進めてくれるのが、葬儀会館という存在です。親族がお通夜から告別式を行うまで、故人のそばにいられるように寝泊まりできる部屋もあり、葬儀に必要な品はすべてそろえてくれます。これがあるからこそ、世帯を分けて暮らしている親と子の葬儀も、スムーズに進んでいるのではないでしょうか。

東京から変わっていったお葬式のスタイルは

ここ数年の間で、お葬式もかなり変化を遂げました。もっとも変わったのは、身内だけで送る家族葬が主流となったことです。しかも葬儀会館を利用して行われることから、最近見かけなくなったと思っていたら、実はお亡くなりになっていたというような話は枚挙にいとまがありません。特に東京のような大都市では、なかなか自宅から葬儀を出すことができないことや、親族がそれぞれ離れて暮らしているため、全員が寄り集まれる家がないことなども、葬儀会館での葬儀を選択する理由となっています。とはいえ、何よりも葬儀会館が選ばれる理由は、家族だけで静かに故人を弔い、送ることができるというところでしょう。一般葬では近所の人たちはもちろん、知らない人までもお参りに来ますが、それが葬儀の準備を煩雑にしているのは間違いありません。東京のような忙しい街ほど、合理的なお葬式へと素早く変えていったと言えます。

東京の葬式の行われ方

東京の葬式に関しましては、ほとんどの場合、斎場などで執り行うのが、昨今の流れではないかと思われます。以前は、地方などと同じように、お寺や、自宅などで行われていたに違いないのではないかと思われますが、時代と共に変化してきて、今では、どの地域におきましても、斎場でされる方の方が、割合を占めているのではないでしょうか。特に、東京などにお関しましては、ご近所とのお付き合いも田舎と違って、疎遠のように感じますので、誰にも気づかれないくらい、ひっそりと葬儀をされているように見受けられます。そして、御香典なども拒否されたり、弔問の方もお断りされる人も今では、普通にいらっしゃるようです。なるべく人に迷惑を掛けないようにとか、負担にならないようにとか、遠慮気味で細部にまで心配りの配慮を感じさせられます。この先も、もっと変化をしていく事ではないかと考えます。

当社では、家族葬から社葬までの幅広い形態の葬儀に対応しており、葬儀全般に対するきめの細かいサポートも行っています。 主力商品・サービスは、一般葬から家族葬、社葬・合同葬別からさらにそれぞれの施行コースに分かれる葬儀です。 当社の強みは全葬連の葬送業安心調査で、最高ランクに評されたサービスを提供し、お客様に何の心配もなくご葬儀を執り行えることです。 東京の葬式のことなら富士典礼