東京では葬式を行わず火葬のみのプランが人気です

最近東京で増えているのが葬式を行わずに火葬だけで済ましてしまうプランです。火葬のみなので料金も安く、20万円から30万円程度で行えるのが人気の秘密です。親族が多い場合には普通に葬式を行う場合もありますが、東京では一人暮らしの高齢者の数も増えており、亡くなっても引き取り手がいないため、地方自治体で火葬の手続きを行うケースも増えました。火葬場も事前に予約をして空きが無いと利用できませんので、身内が亡くなったら葬儀会社に連絡をする前に、火葬場が空いているかどうかを確認してください。東京の葬儀会社の情報はインターネット上に掲載されていますので、料金やサービスなどを比較して決めるのが最適です。一般葬、家族葬、火葬のみと様々なプランが用意されていますので、予算に応じてどのプランを選択するかじっくりと検討しましょう。

東京で行う葬式を考えてみました

今、東京のような大都市圏では、葬儀に関して大きな問題が起きています。それは、斎場や火葬場が不足していることから、葬儀に日程を簡単に組むことが出来ないと言う現象が起きているからです。つまり、亡くなった方を1週間も葬儀を出せず、待ってしまうことも実際の起きてしまっています。これは残された遺族の負担も、大変なものとなってしまうのではないでしょうか。そんなことを含め、斎場を選ぶ時には、火葬場も一緒になっている所を探しましょう。ですが料金も考える必要があります。お通夜、葬儀、繰上げ法要などを行ない、更に参列された方への引き出物などを考えると、相当な金額にもなってしまうことも十分考えられます。ですから余計な負担をなるべくかけない葬儀が良いのではないでしょうか。そこには、葬式も火葬も一緒に行うことが出来、場所を移動することなく、負担も軽くなること間違いありません。

東京でのお葬式の種類

東京都内には多くの斎場があります。どのようなタイプのお葬式にするかによって選ぶ葬儀社や斎場などが変わってきます。最近は家族葬を希望する家庭も多くなっています。その半面、現役時代であれば会社の関係者の事も考慮して通常の葬儀を希望します。と言う事は、同じ家庭でも利用するタイミングによって希望する形が変わると言う事です。またその時の葬式の流行のスタイルがあります。家族内で葬儀のスタイルや予算などに対して相談しておくともしもの時に慌てないですみます。入院中などにもしもの事がありますと、希望の葬儀社を選べない可能性もあります。また東京都内には大手葬儀社から個人経営の葬儀屋さんなど様々ですから、事前に比較検討などをして希望する所を選んでおくと安心です。ご近所付き合いによっては自宅付近の葬儀屋さんを選択する家庭が多いです。